水回り修理は身元のはっきりした業者に依頼しよう

部品の交換時期

水回りの水漏れなどを防ぐためにも、部品のこまめな点検と交換が大切です。摩耗劣化する部品は交換目安を5年と見ておくといいでしょう。しかし、使用状況によっても摩耗のスピードは異なるので、3~5年ごとの点検・交換をおこなうといいですね。

水回りのトラブルについて見ておこう

修理

水道水漏れが起こったら被害が大きくなる前にすぐに対処しよう

水道水漏れは意外と軽視されがちですが、実は放置すると後々大きなトラブルが発生することもあります。そうならないように、定期的に水漏れしていないか確認した方がいいので、確認の方法をチェックしておきましょう。

READ MORE
水漏れ

水回り修理を依頼するなら安心できる業者に依頼しよう

水回り修理を自分でやろうとする人もいるでしょうが、業者に頼むのとどちらがいいか、比べてみましょう。また、業者を選ぶときのポイントも合わせて知っておくといいですね。

READ MORE
トイレ

トイレつまりが起こる原因と対処法を知っておく

トイレつまりが起こると溢れる心配もありますし、対処も大変です。事前に詰まる原因を知っておけば回避しやすくなります。また、千葉で業者に依頼したときの相場や、自分で直すリスクについても紹介しているので参考にしてください。

READ MORE

指定工事店を利用するのもおすすめ

業者には、水道局の指定工事店というのがあります。これは、自治体の水道局から、適正に水道工事を行える業者だと認められ、その地域の水道工事を行うのが認められている業者のことです。指定工事店を利用すると、どのようなメリットがあるのか見てみましょう。

指定工事店を利用するメリット

会社の身元がはっきりしている

指定工事店になると、水道局のホームページや広報誌などに掲載され、名称や連作先など会社の情報を全て確認することができます。身元がはっきりしない業者に比べて、断然信頼度が上がるので依頼しやすいでしょう。簡単に情報を確認することができるのも嬉しいですね。

苦情を水道局に言うことができる

指定工事店との間にトラブルが起こった場合は、自治体の水道局に苦情を言うことができます。自治体は業者に問題があると判断したら、改善するよう指導してくれます。また、改善されない場合は指定を取り消すこともあるので、利用者にとっては安心して依頼しやすいですね。

国家資格を持っている

指定工事店となるためには、「給水装置主任技術者」という国家資格を所有する人が、会社にいる必要があります。この資格は、一定の実務経験の基準をクリアしなければいけません。この資格を所有しているということは、技術面でも安心して依頼することができますね。

水回り修理業者の見極め方と依頼したときの流れを知る

作業員

日曜大工の工具だけでは対応できない

水回り修理を自分で行うとしても、日曜大工で使うような工具では修理できないので、専用の道具が無ければ修理できません。水が漏れないように接続部の隙間などに貼るシールや、ナットブレーカーなどが必要ですが、ホームセンターで購入することもできます。簡単な修理であれば、自分で直すことも難しくなさそうですね。

業者に依頼する時の流れ

まずは、業者に連絡し現状を伝え、到着までに自分たちでできる応急処置を聞いておきましょう。業者が現場確認後、見積もりを出すのでそれに納得してから作業を依頼します。もし納得いかない場合、キャンセルも可能です。作業員と共に修理が完了したのを確認し、代金を支払って終了です。

[PR]水道水漏れのトラブルをすぐに解消!
迅速に対応してくれる業者を紹介!

[PR]トイレつまりは千葉の業者へ!
リーズナブルな価格で対応してくれる